妊娠証明書

EA054_L
A子さんは、診察室に入るなり、思いつめた表情で私に言った。
「先生、妊娠証明書を書いてくれませんか」
診察もしないで書くわけには参らない。
なにはともあれ、診せてもらいましょうというと、
「実は、子どもなんかできてないんです。だけど、ウチの人に〃妊娠した″って言うてしもたんです。だから、どうしても証明してもらわないと困るんです」
困るのは、こちらのほうである。一体、なぜそんなウソをついたのか。深いわけでもあるのだろうか。少しずつ聞いているうちに、おぼろげながら事情がわかってきた。
A子さんは結婚して六年にもなるのに子どもができない。一日も早く孫の顔を見たいと、姑たちの声は非難めいた口調になってきた。
最近は、夫まで冷たくなってしまって、ときには人前でも〃石女″みたいなことをいう。
l要するにA子さんは、そういういかにも〃欠陥女性″のようなレッテルに耐えられなくなって、ついつい「あなた、私、妊娠したみたいよ」と口をすべらせてしまったのである。
家族は喜ぶ一方で、半信半疑にもなった。なにしろ六年ぶりで初めてのことだ。「それなら、医者に証明書もろてきます」
A子さんは、ウソの上塗りをするハメに追いこまれたわけである。私は一計を案じた。まさかウソの証明書を書くわけにはいかない。

しかし、この患者の窮状は救ってあげたい。そこで、ご主人に私あて電話してもらうことにした。そして、私はご主人に告げた。
「奥さんは、たしかに妊娠されているようです。しかし、残念ながら流産の兆候が始まっています。少しむつかしいと思いますね」賢明な読者なら、もうお気づきと思う。
半月後、私はA子さんが流産したことにして、とにかく〃終戦処理″をした。
つまり、妊娠はしたけれど、ダメだったという経過をつくってあげたわけだ。こうして、A子さんは〃石女″の汚名から逃れることができた。あとは私の出番である。
A子さんご夫妻にカウンセリングを受けていただき、十分な検査のすえ不妊の原因をつきとめることができた。
いまA子さん夫妻は、治療の甲斐あって子宝に恵まれ、幸せな日々を送っている……。
実は、この手の証明書、ときおり頼まれることがある。あわれな女ごころ、いや、幸せをつかもうとする一途な女性本能というべきだろうか。
現実に「妊娠したらしい」と繰り返しながら努力した結果、本当に子どもができた女性もいる。まさに〃おんなの一念″である。

出典:

WordPress Themes